政府や東電が多くを語らないことは多分このことかな?

原発事故には風評が生まれやすい。

昔、電発(原発、水力、火力、風力など)の広報の仕事を手伝ったことがあります。
私は、所管の人々が世間に対して秘密を隠す傾向はなかったと思う一人です。
それより、マスコミの不勉強さが強く感じます。
東電からも幾つか福島原発の広報資料が入手できます。
スタジオに学者を呼び自由に発言させるのも良いですが、
正しい理解は先ず発信者(放送事業体)からです。
福島第一原子力発電所第3号機/
平成22年度定期事業者検査実施結果報告所のなかに
3号機には、ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料が
装備されていることが書かれています。

ここをご参照下さい。

福島第1原発3号炉の燃料にプルサーマル(MOX燃料)を使用している事が、
多分、今デリケートな問題なんだと思います。
隠している訳では無いけど、プルトニウムが変にメディアで先走るのは嫌です。
正しい判断には勉強しかありません。
難しいけど、原発と共に生きる国であることを深く理解し、
他人行儀に風評を生むような意見は語るなかれ。ですッ!

Kazuo Habuka

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokyo-engine.co.jp/mt/mt-tb.cgi/152

コメントする

このブログ記事について

このページは、東京エンジンBlogが2011年3月22日 10:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「この国は最後の砦に立つ人々は、本当に凄いサムライばかりだ。」です。

次のブログ記事は「国家戦略がない状態で起きた大災害。これからが勝負だ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。